タグ:ドバイワールドカップ

 ドバイワールドカップの格付けはGIレースです。


 同日に行われている他のレースの格付けは、ドバイシーマクラシックがGI、ドバイターフがGI、ドバイゴールデンシャヒーンがGI、アルクオーツスプリントがGI、UAEダービーがGII、ドバイゴールドカップがGII、ゴドルフィンマイルがGII、にそれぞれ設定されています。


ドバイワールドカップ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2000mダート
負担重量 南半球産馬3歳54k・両半球産馬4歳以上57k・牝馬-2k

ドバイシーマクラシック
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2410m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳馬56.5k、南半球産馬4歳以上57k、北半球産馬5歳以上57k、牝馬-2k

ドバイターフ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1800m芝
負担重量 南半球産馬3歳54.5k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k


ドバイゴールデンシャヒーン
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200mダート
負担重量 北半球産馬3歳56k、南半球産馬3歳59k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56k、両半球産馬4歳以上57k


アルクオーツスプリント
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200m芝直線
負担重量 北半球産馬3歳57k、南半球産馬3歳59.5k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56.5k、両半球産馬4歳以上57k


UAEダービー
格付け GII
出走条件 3歳
距離 1900mダート
負担重量 北半球産馬3歳55k、南半球産馬3歳59.5k、牝馬-2k ※北半球産馬の出走が無い場合:57k


ドバイゴールドカップ
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 3200m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳56.5k、南半球産馬4歳58.5k、両半球産馬5歳以上59k、牝馬-2k ※南半球産3歳馬の出走が無い場合:北半球産馬4歳54.5k、南半球産馬4歳56.5k、両半球産馬5歳以上57k


ゴドルフィンマイル
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1600mダート
負担重量 南半球産馬3歳55k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k

 ドバイワールドカップとは、七つの首長国で構成されるアラブ首長国連邦(UAE)の中のひとつドバイで開催される国際レースです。


 ドバイの王族で世界有数のオーナーブリーダーでもあるモハメド殿下が考案し1996年に第一回競走が行われ、2018年で第23回目の開催となります。

 1996年当時の世界最高賞金レースはアメリカのブリーダーズカップクラシックでしたが、それを超える賞金として、総額賞金を賞金総額を600万ドルに設定。1着賞金360万ドル、以下2着から6着までにそれぞれ120万ドル、60万ドル、30万ドル、18万ドル、12万ドルの賞金が与えられることとなりました。
 賞金は2010年に増額され、総額賞金は1000万ドル(1着600万ドル、200万ドル、100万ドル、50万ドル、30万ドル、20万ドル)となり、現在でも世界最高クラスの賞金レースとなっています。

 2009年まではドバイのナド・アルシバ競馬場のダート2000mで施行されていましたが、開催場がメイダン競馬場に移行した2010年から2014年の間は、施行条件がオールウェザー2000mに変更されました。しかし、2015年から再びダート2000mで行われることになりました。

 日本からも過去多数の参戦がありますが、2011年にヴィクトワールピサが日本勢で初優勝。2着にも同じく日本のトランセンドが入り、日本勢ワン・ツーフィニッシュを成し遂げています。

 またドバイワールドカップ開催日は、ドバイミーティングとも呼ばれ、ドバイワールドカップを含む5つのG1レース(ドバイワールドカップ、 ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイゴールデンシャヒーン、アルクオーツスプリント)が行われます。更にはG2以下のレース(ゴドルフィンマイル、ドバイゴールドカップ、UAEダービー等)も行われ、ドバイだけでなく世界の競馬の祭典として現在定着をしています。


3月28日(土)に開催されるドバイ国際競走の日本でのテレビ中継予定や、ラジオ中継、パブリックビューイングについてご紹介します。



グリーンチャンネルについて
ラジオ中継について
パブリックビューイングについて

グリーンチャンネル ※ノースクランブル(無料)放送


第1部 3月28日(土) 22:30~23:15

UAEダービー 22:55発走
日本馬:ゴールデンバローズ、ディアドムス、タップザット


第2部 3月28日(土) 24:45~27:00 (29日 0:45~3:00)

ドバイシーマクラシック 25:15発走
日本馬:ハープスター、ワンアンドオンリー

ドバイワールドカップ 26:00発走
日本馬:エピファネイア、ホッコータルマエ

詳細は→ 2015ドバイワールドカップデー中継| ~中央競馬を見るならグリーンチャンネル~

グリーンチャンネルでは、当日22時30分から放送の第1部でUAEダービー、深夜24:45(0:45)から放送の第2部でシーマクラシック、ドバイワールドカップの2鞍を放送します。

放送はノースクランブル放送(無料放送)。つまりグリーンチャンネルを契約していない方でも、BSデジタル放送やCS放送が視聴できる環境ならば中継を見られます。また一部ケーブルテレビでも視聴ができるそうです。

BSでは、普段NHKのBSや、BSイレブンの競馬中継などをご覧になっている方ならば、今回の中継を無料で見ることができます。テレビ番組表のなかからグリーンチャンネルを探すか、チャンネル入力で「234」と入力すればご覧になれます。

CS放送やケーブルテレビではチャンネルがそれぞれ異なりますので、詳細はスカパーやケーブルテレビ局までお問い合わせください。



ラジオ中継


ラジオNIKKEIやMBSラジオが過去には中継をしたことがありましたが、2015年ドバイ国際競走のラジオ中継はどこの局も予定していない模様です。

パブリックビューイング


昨年は開催されなかったパブリックビューイングですが、2015年はおなじみ新宿のバルト9と梅田のブルク7で、JRA公式のパブリックビューイングが開催されます。

■場所

新宿バルト9
410席 1,100円(税込、ポップコーン塩味キッズサイズ付き)

梅田ブルク7
317席 1,100円(税込、ポップコーン塩味キッズサイズ付き)

■日時
3月28日(土) 22:50~27:00(予定) ※開場22:20予定

チケットやゲストなどその他の詳細は以下ページでご確認ください。
映画館でみんなで応援! ~「2015ドバイワールドカップデー」パブリックビューイング~



オススメ記事


arc_countdown_2

オススメ記事

> 2015年ドバイワールドカップ結果速報【動画付】
> 2015年ドバイワールドカップ出走馬と単勝オッズ
> 2015年ドバイワールドカップのテレビ中継予定
> 2015年ドバイワールドカップの発走予定時刻
> ドバイワールドカップの賞金額は?
> ドバイワールドカップ歴代勝ち馬と日本馬成績
> ドバイシーマクラシック歴代勝ち馬と日本馬成績
> ドバイターフ(旧デューティフリー)歴代勝ち馬と日本馬成績