タグ:ドバイデューティフリー

ドバイワールドカップのレース賞金は現在、世界最高額です。

2010年に増額された賞金は、総額賞金1000万ドル(約11億円)・1着賞金600万ドル(約6億6000万円)となっています。

同日に行われている他のレースの賞金は、ドバイシーマクラシックの賞金が総額600万ドル・1着360万ドル、ドバイターフ(旧ドバイデューティフリー)の賞金が総額600万ドル・1着360万ドル、ドバイゴールデンシャヒーンの賞金が総額200万ドル・1着120万ドル、アルクオーツスプリントの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、UAEダービーの賞金が総額200万ドル・1着120万ドル、ドバイゴールドカップの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、ゴドルフィンマイルの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、とそれぞれ設定されています。


日本円は1ドル=110円で換算しています。

ドバイワールドカップの賞金
(GI・ダート2000m)
賞金総額 1000万ドル(約11億円)
1着 600万ドル(約6億6000万円)
2着 200万ドル
3着 100万ドル
4着 50万ドル
5着 30万ドル
6着 20万ドル


ドバイシーマクラシックの賞金
(GI・芝2410m)
賞金総額 600万ドル(約6億6000万円)
1着 360万ドル(約3億9600万円)
2着 120万ドル
3着 60万ドル
4着 30万ドル
5着 18万ドル
6着 12万ドル


ドバイターフの賞金
(GI・芝1800m・旧ドバイデューティフリー)
賞金総額 600万ドル(約6億6000万円)
1着 360万ドル(約3億9600万円)
2着 120万ドル
3着 60万ドル
4着 30万ドル
5着 18万ドル
6着 12万ドル


ドバイゴールデンシャヒーンの賞金
(GI・ダート1200m)
賞金総額 200万ドル(約2億2000万円)
1着 120万ドル(約1億3200万円)
2着 40万ドル
3着 20万ドル
4着 10万ドル
5着 6万ドル
6着 4万ドル


アルクオーツスプリントの賞金
(GI・芝直1200m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


UAEダービーの賞金
(GII・ダート1900m・3歳限定)
賞金総額 200万ドル(約2億2000万円)
1着 120万ドル(約1億3200万円)
2着 40万ドル
3着 20万ドル
4着 10万ドル
5着 6万ドル
6着 4万ドル


ドバイゴールドカップの賞金(GII・芝3200m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


ゴドルフィンマイルの賞金
(GII・ダート1600m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


ドバイターフは、芝マイル~中距離クラスの馬たちで争われるレースで、1996年に創設され、2002年から国際GIに昇格しました。2014年まではドバイデューティフリーという名称で行われていました。

創設当初から1999年までは、ドバイワールドカップと同じナドアルシバ競馬場のダート2000mで施行されていましたが、2000年から芝1800mにリニューアル。国際GIに昇格した2002年から2009年までは芝1777mで行われました。そしてドバイワールドカップ同様2010年からメイダン競馬場に移行され、芝1800mで行われています。

1着馬へ賞金は、シーマクラシックなどと同じ320万ドル(約3億8400万円)で、賞金総額は600万ドルです。

日本馬では2007年にアドマイヤムーン、2014年にジャスタウェイ、2016年にリアルスティールが優勝しています。


外国馬=緑字日本馬=赤字


2016年 第21回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 リアルスティール 牡4 日本

押して先団の外目を追走したムーア騎乗のリアルスティールが直線半ばで先頭に立つと、最後はユーロシャーリーンの追撃を振り切って優勝。悲願のGIタイトルをドバイの地で獲得した。



2015年 第20回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 ソロウ セン5 仏国

ソロウが後続を突き離してGI初制覇。この後、同馬はマイルを中心にGIを勝ちまくる。人気を背負ったザグレイギャツビーは2着まで。日本馬参戦ナシ。



2014年 第19回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 ジャスタウェイ 牡5 日本
6着 ロゴタイプ 牡4 日本
7着 トウケイヘイロー 牡5 日本

後方に待機したジャスワウェイが外から次元の違う末脚を繰り出して2着に6馬身以上の差をつけて圧勝。タイムも脅威のレコード。ロゴタイプはジワジワ伸びるにとどまり6着。トウケイヘイローは果敢に逃げるも一杯になり7着。



2013年 第18回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 サッジャー 牝6 UAE

1月からドバイで前哨戦などを連勝中だったゴドルフィンの6歳牝馬サッジャーが、好位から内を突いて抜け出し4連勝でGI初制覇。日本馬参戦ナシ。



2012年 第17回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 シティスケープ 牡6 英国
6着 ダークシャドウ 牡5 日本

前年の香港マイルで2着などGIでは善戦マンだったシティスケープが、4角前から先頭に立って圧勝。ダークシャドウは中団から無難に進むも直線まったく伸びず9着。



2011年 第16回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 プレスヴィス セン7 英国

'09年の2着馬プレスヴィスが、後方待機から直線で内の狭いところを見事に突きGI2勝目。鞍上はR.ムーア。日本馬参戦ナシ。



2010年 第15回  →レース動画
メイダン競馬場 芝1800m

1着 アルシェマーリ 牡6 英国

この年からメイダン競馬場での開催に。先団を見る位置でレースを進めたアルシェマーリが、直線で鮮やかに抜け出してGI初優勝。日本馬参戦ナシ。



2009年 第14回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 グラディアトラス 牡4 UAE
7着 ウオッカ 牝5 日本

好枠から後続を突き放す逃げを打ったグラディアトラスが、そのまま強豪を寄せつけず3馬身1/4差でGI初優勝。ウオッカは離れた2番手から進むも雨で重たい馬場が影響したか失速し7着。



2008年 第13回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 ジェイペグ 牡4 南ア
4着 ウオッカ 牝4 日本
9着 アドマイヤオーラ 牡4 日本

逃げた南アフリカのジェイペグが、直線では一旦ウオッカなどに交わされるも脅威の差し返しで優勝。ウオッカは最後脚が上がって4着に惜敗。アドマイヤオーラは後方で見せ場なく9着。



2007年 第12回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 アドマイヤムーン 牡4 日本
3着 ダイワメジャー 牡6 日本

中団の外めを進んだ武豊騎乗のアドマイヤムーンが、直線に入ると矢のような伸びを見せて快勝。先行したダイワメジャーもよく粘って3着に好走。



2006年 第11回
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 デビッドジュニア 牡4 英国
12着 ハットトリック 牡5 日本
16着 アサクサデンエン 牡7 日本

前年の英チャンピオンSなどを勝っていたデビッドジュニアが優勝。同馬は後にJRAに購入され日本で種牡馬入りした。ハットトリックは出遅れが響いて12着。アサクサデンエンは16着に大敗。



2005年 第10回
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 エルヴストローム 牡5 豪国

オーストラリアでコーフィールドCなどGIを4勝していたエルヴストロームが優勝。日本馬参戦ナシ。



2004年 第9回
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着同着 パオリニ 牡7 独国
1着同着 ライトアプローチ 牡5 南ア

大接戦となったゴール前。結果は1着同着でドイツのパオリニと南アフリカのライトアプローチが両頭優勝。日本馬参戦ナシ。



2003年 第8回
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 イピトンベ 牝4 南ア

ジンバブエ産馬、前年のアフリカ最優秀3歳牝馬のイピトンベがレコードで見事な勝利。日本馬参戦ナシ。



2002年 第7回
ナドアルシバ競馬場 芝1777m

1着 テールアテール 牝5 仏国

この年からGIに昇格し距離が1777mに変更になった。C.スミヨン騎乗のテールアテールが優勝。日本馬参戦ナシ



2001年 第6回
ナドアルシバ競馬場 芝1800m

1着 ジムアントトニック セン7 仏国
9着 イーグルカフェ 牡4 日本

国際GIIに昇格。世界中に遠征していたジムアントトニックが、香港のフェアリーキングプローンをクビ差抑えて優勝。イーグルカフェは9着。



2000年 第5回
ナドアルシバ競馬場 芝1800m

1着 リズムバンド セン4 UAE

この年から芝1800mの競走にリニューアル。地元UAE、芦毛のリズムバンドが優勝。ビンスルール調教師は同レース4連覇。日本馬参戦ナシ。



1999年 第4回
ナドアルシバ競馬場 ダート2000m

1着 アルティブル 牡4 UAE

この年からGIIIに格付け。地元UAEのアルティブルが優勝。日本馬参戦ナシ。



1998年 第3回
ナドアルシバ競馬場 ダート2000m

1着 アヌスミラビリス 牡7 UAE

'96の毎日王冠を優勝しているアヌスミラビリスが6馬身差をつけて勝利。同馬はこの後6月の鳴尾記念に出走しエアグルーヴの3着に入っている。日本馬参戦ナシ。



1997年 第2回
ナドアルシバ競馬場 ダート2000m

1着 タマヤズ 牡4 UAE

豪雨で5日後に順延。L.デットーリ騎乗のタマヤズが優勝。マイネルエテルネルの父タマユズ(Tamayuz)との関係性はない。日本馬参戦ナシ。



1996年 第1回
ナドアルシバ競馬場 ダート2000m

1着 キーオブラック 牡5 米国

米国から遠征してきたキーオブラックが2着に20馬身差をつけて圧勝。同馬の産駒アラムシャーは現在九州で種牡馬生活を送っている。日本馬参戦ナシ。



 ドバイワールドカップの格付けはGIレースです。


 同日に行われている他のレースの格付けは、ドバイシーマクラシックがGI、ドバイデューティフリーがGI、ドバイゴールデンシャヒーンがGI、アルクオーツスプリントがGI、UAEダービーがGII、ドバイゴールドカップがGII(2014年から格上げ)、ゴドルフィンマイルがGII、にそれぞれ設定されています。


ドバイワールドカップ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2000mダート
負担重量 南半球産馬3歳54k・両半球産馬4歳以上57k・牝馬-2k

ドバイシーマクラシック
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2410m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳馬56.5k、南半球産馬4歳以上57k、北半球産馬5歳以上57k、牝馬-2k

ドバイターフ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1800m芝
負担重量 南半球産馬3歳54.5k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k


ドバイゴールデンシャヒーン
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200mダート
負担重量 北半球産馬3歳56k、南半球産馬3歳59k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56k、両半球産馬4歳以上57k


アルクオーツスプリント
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200m芝直線
負担重量 北半球産馬3歳57k、南半球産馬3歳59.5k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56.5k、両半球産馬4歳以上57k


UAEダービー
格付け GII
出走条件 3歳
距離 1900mダート
負担重量 北半球産馬3歳55k、南半球産馬3歳59.5k、牝馬-2k ※北半球産馬の出走が無い場合:57k


ドバイゴールドカップ
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 3200m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳56.5k、南半球産馬4歳58.5k、両半球産馬5歳以上59k、牝馬-2k ※南半球産3歳馬の出走が無い場合:北半球産馬4歳54.5k、南半球産馬4歳56.5k、両半球産馬5歳以上57k


ゴドルフィンマイル
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1600mダート
負担重量 南半球産馬3歳55k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k