タグ:ドバイシーマクラシック

ドバイワールドカップのレース賞金は現在、世界最高額です。

2010年に増額された賞金は、総額賞金1000万ドル(約11億円)・1着賞金600万ドル(約6億6000万円)となっています。

同日に行われている他のレースの賞金は、ドバイシーマクラシックの賞金が総額600万ドル・1着360万ドル、ドバイターフ(旧ドバイデューティフリー)の賞金が総額600万ドル・1着360万ドル、ドバイゴールデンシャヒーンの賞金が総額200万ドル・1着120万ドル、アルクオーツスプリントの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、UAEダービーの賞金が総額200万ドル・1着120万ドル、ドバイゴールドカップの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、ゴドルフィンマイルの賞金が総額100万ドル・1着60万ドル、とそれぞれ設定されています。


日本円は1ドル=110円で換算しています。

ドバイワールドカップの賞金
(GI・ダート2000m)
賞金総額 1000万ドル(約11億円)
1着 600万ドル(約6億6000万円)
2着 200万ドル
3着 100万ドル
4着 50万ドル
5着 30万ドル
6着 20万ドル


ドバイシーマクラシックの賞金
(GI・芝2410m)
賞金総額 600万ドル(約6億6000万円)
1着 360万ドル(約3億9600万円)
2着 120万ドル
3着 60万ドル
4着 30万ドル
5着 18万ドル
6着 12万ドル


ドバイターフの賞金
(GI・芝1800m・旧ドバイデューティフリー)
賞金総額 600万ドル(約6億6000万円)
1着 360万ドル(約3億9600万円)
2着 120万ドル
3着 60万ドル
4着 30万ドル
5着 18万ドル
6着 12万ドル


ドバイゴールデンシャヒーンの賞金
(GI・ダート1200m)
賞金総額 200万ドル(約2億2000万円)
1着 120万ドル(約1億3200万円)
2着 40万ドル
3着 20万ドル
4着 10万ドル
5着 6万ドル
6着 4万ドル


アルクオーツスプリントの賞金
(GI・芝直1200m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


UAEダービーの賞金
(GII・ダート1900m・3歳限定)
賞金総額 200万ドル(約2億2000万円)
1着 120万ドル(約1億3200万円)
2着 40万ドル
3着 20万ドル
4着 10万ドル
5着 6万ドル
6着 4万ドル


ドバイゴールドカップの賞金(GII・芝3200m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


ゴドルフィンマイルの賞金
(GII・ダート1600m)
賞金総額 100万ドル(約1億1000万円)
1着 60万ドル(約6600万円)
2着 20万ドル
3着 10万ドル
4着 5万ドル
5着 3万ドル
6着 2万ドル


ドバイシーマクラシックは、1998年に創設されたドバイターフクラシックが前身で、2000年に国際G3に認定された際にレース名も改称されました。2001年にG2昇格、そして2002年にはG1に昇格しました。

開設当初から2009年まではナドアルシバ競馬場の芝2400mで行われていましたが、ドバイワールドカップ同様2010年からメイダン競馬場に移行され、芝2410mで行われています。

1着馬への賞金は320万ドル(約3億8400万円)で、賞金総額は600万ドルです。

欧州や日本、そして香港から有力馬が集まるレースで、これまで日本馬では2001年にステイゴールド、2006年にハーツクライ、2014年にジェンティルドンナが優勝しています。

なお、メイダン競馬場では2410mという半端な距離で行われていますが、これは「2400mだとフィニッシュライン(日本で言うゴール板)が邪魔でスタートゲートが置けないため10mずらした」という冗談のような理由からです。


外国馬=緑字日本馬=赤字


2016年 第19回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 ポストポンド 牡5 英国
2着 ドゥラメンテ 牡4 日本
3着 ラストインパクト 牡6 日本
8着 ワンアンドオンリー 牡5 日本

ドゥラメンテがレース前に右前足を落鉄。打ち直しもできず、そのままスタートすることになったレースは、4番手外目をスムーズに追走したポストポンドがそのまま抜け出して完勝。追いすがったドゥラメンテだったが、最後は脚色が鈍り2着まで。馬群をうまく捌いたラストインパクトが3着。



2015年 第18回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 ドルニヤ 牝4 仏国
3着 ワンアンドオンリー 牡4 日本
8着 ハープスター 牝4 日本

逃げ馬の後ろを追走したドルニヤが直線抜け出してGI初勝利。2着フリントシャーでフランス調教馬のワンツー。3着は先行して粘ったワンアンドオンリー。ハープスターは直線外に持ち出すも伸びず8着。



2014年 第17回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 ジェンティルドンナ 牝5 日本
10着 デニムアンドルビー 牝4 日本

直線では二度三度と前を塞がれたジェンティルドンナだったが、なんとか外に持ち出すと鋭く伸びて前年の雪辱を果たす。逃げたデニムアンドルビーは失速し10着。



2013年 第16回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 セントニコラスアビー 牡6 愛国
2着 ジェンティルドンナ 牝4 日本
11着 トレイルブレイザー 牡6 日本

先行策から抜け出した前年の2着馬セントニコラスアビーが優勝。日本から参戦したジェンティルドンナは、道中やや掛かり気味。最後は突き放された2着に終わった。



2012年 第15回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 シリュスデゼーグル セン6 仏国

3角から動いたペリエ騎乗のシリュスデゼーグルが、セントニコラスアビーをクビ差抑えて優勝。日本馬参戦ナシ。



2011年 第14回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 リワイルディング 牡4 UAE
6着 ルーラーシップ 牡4 日本

外から鋭く伸びたデットーリ騎乗のリワイルディングが優勝。折り合いを欠いたルーラーシップは向正面で先頭に立ってしまい、残り200m地点で失速し6着。



2010年 第13回  →レース動画
メイダン競馬場 芝2410m

1着 ダーレミ 牝5 英国
2着 ブエナビスタ 牝4 日本

好位からキレイに抜け出したダーレミが優勝。ブエナビスタは直線での進路取りに苦労しながらも猛追したが3/4馬身届かず2着。なおブエナビスタ鞍上のペリエは、本来の負担重量54.5kgのところ0.5kg超過の55kgで騎乗した。



2009年 第12回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 イースタンアンセム 牡5 UAE

外から豪快に追い込んだ地元UAEのイースタンアンセムが各国の強豪を破って優勝。この勝利が重賞初制覇だった。日本馬参戦ナシ。



2008年 第11回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 サンクラシーク 牝4 南ア

06-07シーズンの南アフリカ最優秀3歳牝馬サンクラシークが香港の強豪ヴィヴァパタカを退けて優勝。サンクラシークの父はフジキセキ。日本馬参戦ナシ。



2007年 第10回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ヴェンジェンスオブレイン セン7 香港
6着 ポップロック 牡6 日本

先団のインコースでじっくり待機した香港のヴェンジェンスオブレインが抜け出して優勝。ポップロックは大外に持ち出したがジワジワとしか伸びず6着。



2006年 第9回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ハーツクライ 牡5 UAE

前年の有馬記念でディープインパクトを破ってGI初優勝を飾ったハーツクライが外枠から逃げの手を打ち、直線でもウィジャボードなど世界の強豪を寄せ付けず4馬身差の圧勝。



2005年 第8回
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 フェニックスリーチ 牡5 英国

前年はジャパンC6着の後、香港ヴァーズを優勝していた英国のフェニックスリーチがここも勝ってGI3勝目。日本馬参戦ナシ。



2004年 第7回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ポリッシュサマー 牡7 仏国

GIレースでは惜敗続きだったフランスのポリッシュサマーが直線外から伸びてGI初優勝。日本馬参戦ナシ。



2003年 第6回
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 スラマニ 牡4 UAE

前年の仏ダービー馬で凱旋門賞2着、その後ゴドルフィンにトレードさらたスラマニが貫禄の勝利。日本馬参戦ナシ。



2002年 第5回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ネイエフ 牡4 英国
7着 ホットシークレット セン6 日本

この年からGIに昇格。英チャンピオンSなど4連勝中だったイギリスのネイエフが2馬身差で快勝。ホットシークレットは後ろからの競馬となり7着。



2001年 第4回  →レース動画
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ステイゴールド 牡7 日本

この年からGIIに昇格。人気薄だった武豊騎乗のステイゴールドが、前年の同レース勝ち馬で1番人気のファンタスティックライトをゴール寸前ハナ差交わして優勝。



2000年 第3回
ナドアルシバ競馬場 芝2400m

1着 ファンタスティックライト 牡4 英国
5着 ゴーイングスズカ 牡7 日本

この年からドバイシーマクラシック(GIII)に。ファンタスティックライトが3馬身差のレコードタイムでGI初優勝。芹沢騎乗のゴーイングスズカは5着に善戦。



1999年 第2回
ナドアルシバ競馬場 芝2400m(レース名:ドバイターフクラシックとして施行)

1着 フルーツオブラヴ 牡4 英国

K.ファロン騎乗のフルーツオブラヴが優勝。同馬はこの後'99年、'00年と2年連続でジャパンカップに参戦した。日本馬参戦ナシ。



1998年 第1回
ナドアルシバ競馬場 芝2400m(レース名:ドバイターフクラシックとして施行)

1着 ストウアウェイ 牡4 UAE

ドバイターフクラシックとして創設された。デットーリ騎乗、地元UAEのストウアウェイが3馬身半差で優勝。日本馬参戦ナシ。



 ドバイワールドカップの格付けはGIレースです。


 同日に行われている他のレースの格付けは、ドバイシーマクラシックがGI、ドバイデューティフリーがGI、ドバイゴールデンシャヒーンがGI、アルクオーツスプリントがGI、UAEダービーがGII、ドバイゴールドカップがGII(2014年から格上げ)、ゴドルフィンマイルがGII、にそれぞれ設定されています。


ドバイワールドカップ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2000mダート
負担重量 南半球産馬3歳54k・両半球産馬4歳以上57k・牝馬-2k

ドバイシーマクラシック
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上・南半球産馬3歳以上
距離 2410m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳馬56.5k、南半球産馬4歳以上57k、北半球産馬5歳以上57k、牝馬-2k

ドバイターフ
格付け GI
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1800m芝
負担重量 南半球産馬3歳54.5k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k


ドバイゴールデンシャヒーン
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200mダート
負担重量 北半球産馬3歳56k、南半球産馬3歳59k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56k、両半球産馬4歳以上57k


アルクオーツスプリント
格付け GI
出走条件 両半球産馬3歳以上
距離 1200m芝直線
負担重量 北半球産馬3歳57k、南半球産馬3歳59.5k、両半球産馬4歳以上60k、牝馬-2k ※北半球産3歳馬の出走が無い場合:南半球産馬3歳56.5k、両半球産馬4歳以上57k


UAEダービー
格付け GII
出走条件 3歳
距離 1900mダート
負担重量 北半球産馬3歳55k、南半球産馬3歳59.5k、牝馬-2k ※北半球産馬の出走が無い場合:57k


ドバイゴールドカップ
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 3200m芝
負担重量 南半球産馬3歳53k、北半球産馬4歳56.5k、南半球産馬4歳58.5k、両半球産馬5歳以上59k、牝馬-2k ※南半球産3歳馬の出走が無い場合:北半球産馬4歳54.5k、南半球産馬4歳56.5k、両半球産馬5歳以上57k


ゴドルフィンマイル
格付け GII
出走条件 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
距離 1600mダート
負担重量 南半球産馬3歳55k、両半球産馬4歳以上57k、牝馬-2k