カテゴリ: ニュース

 3月29日に行われるドバイ国際競走のレースのうち、前半4鞍の枠順が暫定ながら決定しました。

 日本馬が出走するレースでは、ブライトラインが挑む2R・ゴドルフィンマイルの枠順が決定しています。そのブライトラインは14番枠からの発走。ドバイの競走でも馬番とゲートの番号が同じなので、14番のゼッケンを付けて走ることになります。ウィリアムヒルの単勝オッズで1番人気のシュルークは10番枠。同じく1番人気のソフトフォーリングレインは5番枠。3番人気のバラエティクラブは15番枠からの発走となります。

 ほかでは、1R・ドバイカハイラクラシック、3R・ドバイゴールドカップ、4R・UAEダービーの枠順が決定しています。

 また、日本馬が多く出走するドバイワールドカップ、シーマクラシック、デューティフリーなど残り5鞍の騎乗するジョッキーなども決定しました。何頭か最終登録から変更になった馬もおりますので、ウィリアムヒルのオッズも変更になっています。出走馬まとめのページを更新しましたので、ご確認ください。


ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)


 29日開催のドバイ国際競走に出走するため、21日の午後に関西国際空港から日本を出国していたジェンティルドンナなど5頭が、現地時間21日の夜(日本時間22日未明)に無事ドバイへ到着したとのことです。

 今回ドバイへ到着したのは、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、ロゴタイプ、トウケイヘイロー、ブライトラインの5頭。これから1週間、現地で調整を行い本番へ挑む予定となっています。

 なお、ホッコータルマエ、ベルシャザール、デニムアンドルビーの3頭は、1週間前の14日にすでに現地入りして調整が続けられています。



ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)

 ドバイワールドカップで日本馬のライバルと思われていたザフューグ(牝5・英国)が、出走するレースをドバイデューティフリーに変更することがわかりました。

 ザフューグは、昨年の愛チャンピオンSを牡馬の強豪を破って優勝していて、ブリーダーズカップターフと香港ヴァーズという国際GIでも2着と好走しています。凱旋門賞にも当初出走予定で穴人気をしていた馬です。

 ドバイワールドカップでザフューグは、ウィリアムヒルのオッズで2番人気の扱いでしたが、デューティフリーでは、ジャスタウェイと並んで単勝4.5倍の1番人気となっています。

 デューティフリーは出走頭数も少なく、ジャスタウェイ、ロゴタイプ、トウケイヘイローの内どれかが優勝する可能性は高いと思われていましたが、ここに来て強力なライバルが出現することになりました。


ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)