12月1日に行なわれたジャパンカップダート(GI)。ホッコータルマエ、エスポワールシチーなど、ダート界の強豪が集まったレースで、見事にGI初制覇を達成したベルシャザール(牡5・松田国)。



 レース後、吉田照哉社台ファーム代表は「とりあえず来春のフェブラリーSじゃないですか?距離は2000メートルまでこなせますけどね。ドバイ?可能性はあるよね」と発言。ドバイワールドカップ(GI・メイダン競馬場・AW2000m)参戦を示唆しました。

 2010年からドバイワールドカップは、開催コースがダートからオールウェザーに変更になりましたが、2011年には当時のダート王トランセンドが2着になるなど、ダート適正の高い馬でも好走の可能性があるコースです。加えてベルシャザールは、元々芝のレースで良績を残していた馬。参戦が実現すれば、非常に楽しみな存在となります。


 ベルシャザールは、よく知られているように、3歳の時には芝の王道路線を歩んでいた馬です。皐月賞トライアルのスプリングS(GII)では、後の三冠馬・オルフェーヴルと3/4差の2着。皐月賞(GI)は大きく負けてしまいましたが、日本ダービー(GI)ではオルフェーヴル、ウインバリアシオンに次ぐ3着と好走。この世代の実力者であることを証明してみせました。

 しかし、この年の秋からベルシャザールの歯車は狂い始めます。菊花賞(GI)で17着に敗れたレース後、鞍上の後藤騎手はベルシャザールがDDSPという喉の病気にかかっていることを明かします。そのため半年の休養を余儀なくされました。

 4歳春、喉の具合も良くなり復帰をしたベルシャザールでしたが、またアクシデント。脚に骨折が判明し、今度は1年というさらに長い休養を強いられることになりました。

 2013年、ようやく競馬場に戻ってきたベルシャザールでしたが、復帰戦は芝ではなくダートのレースを選択します。これは松田国英調教師が少しでも脚に負担が掛からないようにと考えた上での選択でした。人気は長期休養明けや初ダートという不安要素が嫌われて8番人気でしたが、結果は3着。しかも、道中は騎手との折り合いを欠き大きくロスをした上での好走でした。

 ダートでも高い適正を示したベルシャザールは、1番人気に支持された復帰2戦目・白川郷Sを5馬身差で圧勝。その後オープン競走でも2着、1着と好走し、ダート重賞初挑戦となった武蔵野S(GIII)では、馬群を割って鋭い伸びを見せ、見事ダートで重賞初制覇を果たします。



 そしてGIの舞台、ジャパンカップダート(GI)に駒を進めたベルシャザール。相手はエスポワールシチー、ワンダーアキュート、ニホンピロアワーズなどの古豪や今年絶好調のホッコータルマエ、さらには活きのいい3歳馬も加わった豪華メンバーとなりました。

 3番人気に支持されたベルシャザールは、道中中団外めの好位置でレースを進めます。直線を向くと、1番人気ホッコータルマエが絶好の手応えで抜け出します。そこへ、ルメール騎手の抜群の仕掛けで伸びてきたベルシャザールと武豊騎手のワンダーアキュートが迫ります。最後は接戦になりましたが、ベルシャザールがホッコータルマエを捕らえ、なんとかワンダーアキュートの追撃を凌ぎ切ったところがゴール。長いブランクを乗り越えて見事にGI初制覇を成し遂げたのでした。

 最後にJCダート後の松田国英調教師のコメントをご紹介します。

 「クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハという凄い馬に恵まれてきましたが、どうしても馬を壊してしまっていた。じゃあ、ベルシャザールでGIを勝ちたい、なおかつ馬を壊さないで勝つにはどうすればいいのか、慎重に、ずいぶんと留意してきました。GIを勝ったスタッフが7人いるように、ウチの厩舎スタッフはレベルが高いですし、自分たちなりにこの3年間工夫してきました。今の苦労が何年か後にはまたトップを争うところまでにつながっていくと思う。この苦労をしっかりと噛みしめて目標に向かって行けば、得るものも大きいと思いますから。」



ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)