昨年12月29日に大井競馬場で行われた、年末の恒例イベント・東京大賞典(交流GI・ダ2000m)は、1番人気に押されたホッコータルマエ(牡4・西浦)が優勝。

 レース後、幸騎手や西浦調教師から、2014年のドバイワールドカップ参戦が表明されました。また、11月27日に亡くなった矢部幸一オーナーの代理として表彰式に出席した孫の渡辺弘明さんは「祖父は4月頃から『タルマエは日本一の馬。ドバイに行くぞ。』と言い続けていました。今日は4角を回って勝利を確信。祖母のスエが馬主資格を申請中ですが、ドバイに行けるなら僕も行きたいですね」と述べています。


 それでは、東京大賞典のレースを振り返ってみましょう。



 プロディージュが取り消して9頭立てという寂しい頭数になりましたが、前年の覇者ローマンレジェンド、同3着のワンダーアキュート、2013年の地方交流GIを3勝しているホッコータルマエ、そして2012年JCダートの勝ち馬ニホンピロアワーズと、JRA所属のダート強豪馬が多く出走してきました。

 人気はホッコータルマエが、前走JCダート3着ながらも同年の交流GIでの実績が評価され、1倍台の1番人気。2番人気には、前走JCダート2着のワンダーアキュート。差のない3番人気に、休み明けを叩かれて状態の上がってきていたニホンピロアワーズ。前年の勝ち馬ローマンレジェンドは4番人気でした。

 レースは、まずスタートでアクシデントが発生。4番人気のローマンレジェンドが、発馬機内で暴れて一旦外に出ます。後方で係員がチェックをして、再度ゲートインしますが、駐立が悪く出遅れてしまいます。また、この暴れた際に後肢に外傷を負っていたようで、ローマンレジェンドは先頭争いにまったく関われず、結局6着に敗れてしました。レース後、特にネット上では、係員の判断に対して、多くの疑問の声が寄せられる結果となりました。

 レース回顧に戻ります。ハナを切ったのは、3歳馬のサトノプリンシパル。小気味よい逃げで、向こう正面では後続との差を広げます。2番手にはワンダーアキュート、3番手にニホンピロアワーズ、4番手にホッコータルマエ。それぞれ1~2馬身の間隔で追走します。

 3角手前でレースが動き出します。ホッコータルマエが外から捲り気味に進出し、ニホンピロアワーズもこれに呼応します。さらに2番手のワンダーアキュートも含めて、3頭が並ぶカタチで、前を行くサトノプリンシパルを一気に交わして直線へ。

 内からコーナーワークを生かしてワンダーアキュートが一旦先頭。しかし、外のホッコータルマエが襲い掛かり、残り200mで馬体を併せます。間のニホンピロアワーズも抵抗しますが、伸びが悪く3番手に後退。残り100m。幸騎手の左ムチに答えてホッコータルマエが伸びます。内のワンダーアキュートに最後は1馬身1/2差をつけたところがゴール。完勝といえる内容で、見事に東京大賞典を制しました。

 これでホッコータルマエはGI4勝目。なお、4勝はすべて地方交流GIレース(かしわ記念、帝王賞、JBCクラシック、東京大賞典)です。レース後には、上記したとおり、西浦調教師が2014年のドバイワールドカップ挑戦を宣言。1月の川崎記念、そして2月のフェブラリーSという臨戦過程でドバイに向かう予定です。


ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)