昨年もドバイに遠征しUAEダービー(10着)に出走したケイアイレオーネ(牡4・西浦)ですが、今年もドバイに遠征予定。出走レースは、オールウェザー1600mで行われるゴドルフィンマイル(GII)を予定しています。

 ケイアイレオーネは、ドバイワールドカップに出走予定のホッコータルマエと同じ幸騎手&西浦師のコンビ。海外初遠征のホッコータルマエにとっても心強いパートナーとなりそうです。


 明けて4歳を向かえたケイアイレオーネは、ここまで地方交流重賞とJRA重賞をそれぞれ1勝しており、さらに3歳春には、前述のとおりドバイで行われたUAEダービーに出走しています。また、当初は先行脚質で勝ち上がってきましたが、シリウスS(GIII)では直線一気の追い込みで優勝。脚質自在で経験値の高い馬です。

 いくつかレースを振り返ってみましょう。

 2012年11月に園田競馬場で行われた交流重賞・兵庫ジュニアグランプリ(交流GII)。ほかのJRA所属馬と差のない3番人気だったケイアイレオーネですが、向こう正面で早々先頭に立つと、そこからは後ろの馬に影さえ踏ませず2着に5馬身差を付けて優勝しました。2歳秋の段階で高いダート適性を見せます。



 3歳春に果敢に挑戦したドバイ・UAEダービー(GII)では、スタート後手を踏み、道中も最後方をおっつけ気味に進む苦しい展開。直線で2頭を交わしますが、結局10着に敗れてしまいました。



 日本に帰ってきてからは、3歳限定のダート重賞で3回連続の3着と好走。そして、シリウスS(GIII)で古馬と初対決を向かえます。5番人気と中穴程度の評価だったケイアイレオーネは、これまでの先行策とは違い、後方待機策を選択。3、4コーナーから徐々に進出し、直線では大外に持ち出し鋭い脚を繰り出します。先に抜け出していたハートビートソング、そしてナイスミーチューを僅かに捕らえたところがゴール。見事に古馬を退けて重賞2勝目をあげました。



 明け4歳馬ながら、これまで多くの経験を積んできているケイアイレオーネの2度目のドバイ遠征に大注目です。




ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)