ドバイワールドカップで日本馬のライバルと思われていたザフューグ(牝5・英国)が、出走するレースをドバイデューティフリーに変更することがわかりました。

 ザフューグは、昨年の愛チャンピオンSを牡馬の強豪を破って優勝していて、ブリーダーズカップターフと香港ヴァーズという国際GIでも2着と好走しています。凱旋門賞にも当初出走予定で穴人気をしていた馬です。

 ドバイワールドカップでザフューグは、ウィリアムヒルのオッズで2番人気の扱いでしたが、デューティフリーでは、ジャスタウェイと並んで単勝4.5倍の1番人気となっています。

 デューティフリーは出走頭数も少なく、ジャスタウェイ、ロゴタイプ、トウケイヘイローの内どれかが優勝する可能性は高いと思われていましたが、ここに来て強力なライバルが出現することになりました。


ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)