2年連続のドバイ遠征を予定しているジェンティルドンナ(牝5・石坂)が、今年初戦となる京都記念(GII・芝2200m)に出走しましたが、12頭立ての6着に敗れました。

 レースは、逃げ馬不在の中、デスペラードがハナに立つ展開になり、ジェンティルドンナは、やや掛かり気味ながらも我慢して2~3番手を追走します。しかし、4角でトゥザグローリーが上がってきた際に合わせてゴーサインを出しましたが、この日は反応が鈍くいつもの伸びがありません。結果、勝ったデスペラードとは0.5差の6着となり、ジェンティルドンナが生涯初めて掲示板を外すという、まさかの決着となりました。

 レース後、福永騎手は「ゲートで少し暴れた影響で、乱れたリズムの修正に時間が掛かりました。道中は抑えの利いたレースが出 来ましたが、トゥザグローリーが動いて行った時には余力がありませんでした。」とコメントしています。





ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)



 2014年・ドバイワールドカップデーの諸競走への招待状が、日本馬6頭に到着しました。

 ドバイワールドカップ(GI・AW2000m)には、昨年のジャパンカップダートを制したベルシャザール(牡6・松田国)と、1月の川崎記念など交流GIを5勝しているホッコータルマエ(牡5・西浦)が選出されました。両頭とも、2月23日に行われるフェブラリーS(GI)に出走予定ですが、その後ドバイに遠征するとのことです。ドバイでの鞍上は、ベルシャザールがルメール騎手、ホッコータルマエが幸騎手を予定しています。

 ドバイシーマクラシック(GI・芝2410m)には、2年連続でジェンティルドンナ(牝5・石坂)が選出されました。京都記念の後に遠征予定で、ドバイでの鞍上はムーア騎手を予定しています。また、デニムアンドルビー(牝4・角居)も選出されましたが、陣営はドバイワールドカップへの出走を希望しており、今後ドバイワールドカップに選出されなかった場合に限りシーマクラシックに出走することになりそうです。鞍上は浜中騎手を予定しています。

 ドバイデューティフリー(GI・芝1800m)には、昨年の秋の天皇賞馬ジャスタウェイ(牡5・須貝)と昨年重賞を4勝し香港カップ(GI)でも2着に入ったトウケイヘイロー(牡5・清水久)が選出されました。ジャスタウェイは、予定どおり3月2日の中山記念を叩いてドバイ遠征予定。鞍上は引き続き福永騎手になります。また、トウケイヘイローは元々ドバイには消極的でしたが、この選出を受け、遠征を決断したようです。ジャスタウェイと同じく中山記念を叩いてドバイに渡ることになりそうです。鞍上は未定とのことです。


ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)



 1月29日(水)に川崎競馬場で行われた交流GI川崎記念(ダ2100m)は、単勝1.1倍の圧倒的1番人気に支持されたホッコータルマエ(牡5・西浦)が優勝しました。

 トウショウフリークが軽快な逃げを打つ中、離れた2番手からレースを進めたホッコータルマエ。4角でトウショウフリークに並びかけ余裕を持って抜け出しを計りますが、その後ろからムスカテールが鋭い脚でホッコータルマエに迫ります。激しい争いになりましたが、最後は半馬身差でムスカテールを凌いだホッコータルマエが1着でゴール。通算成績はこれで23戦12勝、GIは5勝目(すべて交流GI)となりました。

 ホッコータルマエは今後、2月23日に行われるフェブラリーS(GI)に出走予定。その後、3月29日のドバイワールドカップ(GI)に選出されれば参戦する予定となっています。





ドバイワールドカップの予想コメント買い目を公開中!
> 競馬総合アプリ『スマホde競馬(完全無料版)